MENU

薄毛治療の方法とその効果と期間

薄毛の治療法として現在大きな注目を集めているのが、有効成分を注射で直接注入する方法です。塗り薬や内服薬よりも頭皮に直接作用しますので、効き目が強力です。

 

その上、直接的な働きかけによって短い期間で効果が実感できる治療法となっています。

 

薄毛がある程度進行してしまったらまずは進行を食い止めることを考えなければならないのですが、進行が早い場合には効き目が現れるまでに時間がかかる治療法では安心して経過を見守ることができません。

 

また、しっかりとした効果が実感できる前に大きく進行してしまう可能性もありますので、短い期間で効果が実感できる方法を選択しなければなりません。そういった面から見ると、直接有効成分を注入する方法はとても優秀であり、結果を急いでいる人に最適です。

 

薄毛の症状がそこまでひどくないという場合には、塗り薬と内服薬の併用で十分効果が得られます。

 

塗り薬で外側からのケアを行い、内服薬で内側から働きかけます。体の内外から同時にケアを行うことで、より作用を強めることができます。このような治療法は男性ホルモンの働きに大きな影響を受けている薄毛に効果的です。

 

自宅でケアを行う場合には、やはり育毛剤や育毛シャンプーが便利です。育毛シャンプーを取り入れるのは、頭皮のコンディションを向上させるためです。健康な髪の毛を作りだすには、やはり健康な土台となる頭皮が必要になります。

 

育毛剤は症状に合わせて選ぶことが重要であり、薄毛の要因にマッチした商品を選ぶことができれば大きな成果をあげます。使い始めたら少なくとも半年程度は経過を観察し、症状が進行していないか、副作用は出ていないかをチェックしてみる必要があります。

 

薄毛治療でプロペシアの処方を受けるときの値段について

薄毛が気になりはじめたときには、自分がどのような原因で髪の毛が薄くなっているのか調べることが重要です。近年増えている薄毛の原因としては、AGAと呼ばれる男性特有の薄毛が多いと言われています。

 

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響によって抜毛や薄毛の症状が引き起こされます。

 

AGAのメカニズムとしては、男性ホルモンが還元酵素と結合することで薄毛が進行してしまうことになりますので、その作用を阻害できる治療薬としてプロペシアを服用すれば、薄毛の進行を食い止めることが可能であると言えます。

 

プロペシアは日本でも認可を受けている医薬品ですが、一般的なドラッグストアなどで気軽に購入することができる種類のものではありません。プロペシアを入手するためには、専門的に治療を行っている医療機関を受診する必要があります。
フィンジア
病院でプロペシアの処方を受けたときの価格としては、1錠あたりの値段は約250円となります。

 

プロペシアの服用による薄毛の治療を行うためには、1日につき1錠の服用を行いますので、1か月間飲み続けたときには7500円の費用がかかります。

 

また、医療機関を受診したときに発生する、初診料や再診料を考えると2000円から3000円ほど必要になってきますので、プロペシアによるAGA治療を行うためには、1か月あたり1万円の出費がかかると考えておいたほうが良いでしょう。

 

AGA治療については健康保険が適用されるものではなく、自由診療に該当しますので、経済的な側面も考慮に入れてから治療を行うかどうか決める必要があります。

更新履歴