MENU

AGAの治療に関して大切なこととは

AGAとは男性型脱毛症と訳される症状です。頭頂部や額の両端から薄毛や脱毛が広がっていくのが特徴で、思春期以降の男性にあらわれることが多い症状と言われています。

 

AGAの原因は男性ホルモンと、それを発毛、育毛阻害物質に変換してしまう特定酵素の存在です。男性ホルモンが受容体に結合するとその特定酵素が分泌されるのですが、この受容体は頭頂部や前頭部に多くあることから、その部分の薄毛、脱毛が広がっていくと言う具合です。

 

このようなメカニズムから、AGAの治療においてはまずは男性ホルモンと特定酵素の結合を防ぐことが重視され、フィナステリドと呼ばれる成分が利用されることが多くあります。AGAは進行性のものですから、早期に治療を開始すればするほど効果が出やすいとされています。

 

ところでAGA以外にも、薄毛や脱毛は様々なことを原因として発生します。

 

ですからAGAの治療においても、フィナステリドだけに頼るのではなく、それ以外のことに気をつけることも求められます。たとえば血行不良です。血行不良が起きていると、発毛や育毛のために必要な栄養が毛母細胞に届かなくなるため、薄毛や脱毛が進行しやすくなります。

 

これに関してはミノキシジルと呼ばれる、血行促進作用がある成分が利用されることもありますが、フィナステリドと併用すると言う際には医師への相談が必要です。個人でできる分には、頭皮マッサージなどがおすすめです。

 

また発毛や育毛は、成長ホルモンによって促進されます。そしてこの成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。ですから睡眠不足になるとやはり薄毛や脱毛などが起こりやすくなりますから、睡眠をしっかりととることも必要です。