MENU

薄毛の治療で効果をあらわすミノキシジル

ミノキシジルは発毛や育毛成分として有名で、もともとは1970年代後半に血圧降下剤としてアメリカで開発されて使用されていたものでした。ではなぜ薄毛治療に利用されるのかといいますと、このミノキシジルを治療薬として使っていた患者達に全身に多毛症の症状があらわれたからです。

 

そのため、頭皮に対して外用薬として臨床実験が繰り返し行なわれるようになりました。その結果、脱毛症に有効だということがわかったのです。ミノキシジルには飲むタイプのタブレットと塗るタイプのリキッドやゲルなどの外用薬があります。

 

医療機関では基本的にはタブレットよりも外用薬を利用していることが多く、医師の処方によって利用できるようになりました。個人輸入で購入することもできるミノキシジルですが、海外から輸入する時には偽物を購入してしまう場合があり、そういう時には副作用が起きてしまうことがあるため、気をつけなければいけません。

 

偽物は見た目をとても似せてありますのでなかなか気づくことができないものもあります。

 

薄毛治療ではミノキシジル単体ではなく、プロペシアとの併用によって効果をより発揮する場合があります。ミノキシジルとプロペシアはお互いに長所と短所を補うことができるので、効果がよりあらわれやすいのだといわれています。

 

海外から個人輸入すると比較的安く購入することができますから正規のものであれば問題ありませんが、偽物であれば危険なので医師から処方してもらうほうが良いです。